70's Project

090-3848-8676(担当:松尾)

お問い合わせはこちらから

■黄昏カフェ プロジェクトの お知らせ


□黄昏カフェ プロジェクトが、南郷公園(しゃちほこ広場)にて 二八市祭等のイベントにて
 「しゃちほこカフェ」としてOPENカフェを、随時出店しています。


第1回出店 平成29年5月28日(日曜日)
第2回出店 平成29年9月10日(日曜日)
第3回出店 平成29年10月28日(土曜日)

第4回出店 平成29年11月05日(日曜日)

この取組み(しゃちほこカフェ)は、かめおかまちの元気づくりプロジェクトや
各イベント実施団体様の協力を得て、
亀岡駅前の南郷公園(シャチホコ広場)をOPENカフェとして活用し、観光客の滞在時間を増やし、亀岡の情報を発信しできる場所(拠点)としてのOPENカフェを将来的に常設できるようにと取り組んでいます。



■プロジェクト内容


セカンドライフ応援講座の「カフェ体験講座」の上級編として
「カフェに興味を持った」「カフェを趣味として学びたい」「カフェを開業したい」等の
方々を支援するのが「黄昏カフェ」です!。

“カフェ支援プロジェクト
 主に地域に根ざしたコミュニティー(自宅カフェ・低資金店舗開業・趣味での向上etc...)の
 考え方やノウハウ、技術の取得、開業に関わる事柄を支援いたします。

 支援するだけでなく実際に、亀岡駅前の南郷公園(しゃちほこ広場)で、
 OPENカフェ開設プロジェクトとして、OPENカフェを実施して
 真実の珈琲を提供し、アンケートの収集等の市場調査(リサーチ)を行っています。

 また、低資金店舗開業の実例としまして、亀岡市北町の「北町カフェ」を
 店舗のモデルケースとして、セカンドライフ応援講座の「カフェ体験講座」講師である竹田氏に
 連携していただいております。
  同氏は実際に、兵庫県で自宅をカフェにして開業された実績もあり、
 最低開業資格である「食品衛生責任者」取得、「店舗」の営業許可から、それに伴う店舗の
 リフォームや、設備の調達、開業前・開業後の宣伝等を、ありえない低金額で
 OPENさせた実績があります。
 その、ノウハウ(実績)を、【カフェ】で、地域コミュニティー復活を目指して提供していきます。

【黄昏caféとは?】 ※なぜ?黄昏なの?


もともとは、セカンドライフ応援講座の中の「カフェ体験講座」が始まりです。
セカンドライフ応援講座の対象年齢は60歳前後ですが、退職後にカフェ(喫茶店)をしたいと思う方が
年々増えてきています。そこで、「カフェ」に特化したプロジェクトをカフェの実績豊富な講師と
タッグを組み、具体化し、活動しています。

【コンセプト】
「黄昏」とは、夕暮れ時。向こうから人がやってきても、相手の顔がよくわからない、
「誰(た)そ彼(かれ)」あなたは誰ですか?(Who are you?)と、いうくらいの時間帯のことです。
だいたい夕方の6時ごろでしょうか。

 日本人の平均寿命を考えたとき、男女とも80歳を超えて久しく、今や「人生90年時代」に
入ろうとしています!人生を一日(24時間)に例えると、黄昏時(夕方6時)は60歳前後。
「余生」というには、あまりにも長い、2回目の人生(セカンドライフ)のはじまりです。

今からあくせく働く時間でもなく、自分らしく、スローライフを楽しむときではないでしょうか。
そんな黄昏時を、充実させるために自分でも出来る、人が集う黄昏caféは、いかがですか?

もちろん、60歳前後でない方(お若い方等)でも、可能です!

プロジェクトメンバー紹介

 プロジェクトリーダー

写真の説明

●リーダー:松尾清嗣( 70's Project代表)

 担当講師

写真の説明

●担当講師:竹田幸市(北町カフェ店主)

■講座予定(2018年から)




■【基礎講座 真実の珈琲 基本編】 ※受付準備中


2018年以降 開催予定

①基本講座

 1・コーヒーは生鮮食品!間違いだらけのコーヒーの常識
 2・食品栄養学からコーヒーを学ぶ
 3・コーヒーの歴史とコーヒーの飲み比べ





■【基礎講座 真実の珈琲 技術編】 ※受付準備中


2018年以降 開催予定

①基本講座

 1・コーヒー豆の品質について
 2・焙煎に使う道具類を知ろう
 3・自分で出来る!焙煎の実習





■【開業支援 自宅カフェ 編】 ※受付準備中


2018年以降 開催予定

①開業支援講座(家賃がかからない自宅カフェ!でも営業許可のハードルが・・・)

 1・自宅カフェのメリットとデメリット
 2・資格について
 3・営業許可(リフォーム)について
 4・開業資金・運営資金について
 5・開店前後の集客について

■内容
①はじめに
 1)自宅カフェのメリットとデメリット
 2)飲食店の現実(開業1年で50%、3年で80%以上、5年で95%以上が閉店)
 3)潰れないお店にするためには!
②初期投資(開業資金)を必要最低限にしましょう!
 1)補助金・助成金の活用をし、出来るだけ「融資」「自己資金」は使わない!
③ランニングコスト(運転資金)の計画(優先順位)を立てましょう!
④食品衛生責任者を取得しましょう!
 1)地域の食品衛生責任者養成講習会にいきましょう。
⑤飲食店営業許可及び喫茶店営業許可のハードルをクリアするには!
 1)キッチンは自宅用と店舗用に分ける必要がある!
 2)キッチン(厨房)には2層以上のシンクと手洗い専用のシンクが必要!
 3)厨房と飲食スペースは扉か仕切りが必要!
 4)厨房の壁と天井は耐水性でないといけない!
 5)冷蔵庫は温度計ついていて、外から見えなければいけない!
 6)自宅用の玄関と店舗用の出入り口を分ける!
 7)店内の広さの把握、間取図を作成する!
 8)最後に・・・保険所とのコミュニエーションが一番大切!





■【開業支援 貸し店舗カフェ 編】 ※受付準備中


2018年以降 開催予定

①開業支援講座(貸し店舗の家賃は売上の10%以上は必要という常識?)

 1・貸し店舗カフェのメリットとデメリット
 2・家賃の10倍は売上を上げなければ閉店する現実!
 3・資格・営業許可(リフォーム)について
 4・開業資金・運営資金について
 5・開店前後の集客について

■内容
①はじめに
 1)貸店舗カフェのメリットとデメリット
 2)飲食店の現実(開業1年で50%、3年で80%以上、5年で95%以上が閉店)
 3)潰れないお店にするためには!
②初期投資(開業資金)を必要最低限にしましょう!
 1)補助金・助成金の活用をし、出来るだけ「融資」「自己資金」は使わない!
③ランニングコスト(運転資金)の計画(優先順位)を立てましょう!
④食品衛生責任者を取得しましょう!
 1)地域の食品衛生責任者養成講習会にいきましょう。
⑤飲食店営業許可及び喫茶店営業許可のハードルをクリアするには!
 1)喫茶店営業と飲食店営業との営業許可の違い!
 2)キッチン(厨房)には2層以上のシンクと手洗い専用のシンクが必要!
 3)厨房と飲食スペースは扉か仕切りが必要!
 4)厨房の壁と天井は耐水性でないといけない!
 5)冷蔵庫は温度計ついていて、外から見えなければいけない!
 6)店内の広さの把握、間取図を作成する!のクリア体験
 7)一番!重要!!家賃について!!!
 8)最後に・・・保険所とのコミュニエーションが一番大切!






■【開業支援 無店舗カフェ 編】 ※受付準備中


2018年以降 開催予定

①開業支援講座(無店舗でも出来る?カフェ事業とは!)

 1・無店舗カフェとは?
 2・無店舗カフェのメリットとデメリット
 3・資格、営業許可について
 4・開業資金・運営資金について
 5・開店前後の集客について

■内容
①はじめに
 1)無店舗カフェとは?
 2)飲食店の現実(開業1年で50%、3年で80%以上、5年で95%以上が閉店)
 3)無店舗カフェのメリットとデメリット!
②初期投資(開業資金)を必要最低限にしましょう!
③ランニングコスト(運転資金)の計画(優先順位)を立てましょう!
④食品衛生責任者は取得しましょう!
 1)地域の食品衛生責任者養成講習会にいきましょう。
⑤飲食店営業許可及び喫茶店営業許可の許可が必要ない?!
 1)どうして必要ないのか?。
 2)消防法に対応した、機具・設備を用意しましょう。



(注)掲載内容は、平成29年10月29日現在のものとする。

PR用スペース

このボックスは、
PRに使えます。